スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
笑顔がくれるもの
2006-08-31 Thu 23:30


笑顔ってステキだね 
~その笑顔をその温かさをありがとう


嬉しい時の笑顔
笑顔にも色々あるよね。

相手が幸せそうにしている笑顔

それを見るだけでこっちも笑顔になる

相手が幸せそうに、嬉しそうにしているであろう笑顔
その笑顔を想像すると
こっちまで笑顔になる

すっごく嬉しくて
すっごく彼女は幸せなんだろーな


そんな風に感じれたから
私はもっと嬉しくなった

彼氏に大事にされてる彼女

そう自信を持って言える彼女

それだけで
私は嬉しい

これからは
もっと
もっと
幸せになってね

そう思うの。

その幸せを周りに振りまいちゃってください!!

そんなことを思った
あなたの笑顔で
私は心があったかくなったよ

ありがと
話してくれて

ありがと
心をほんわかさせてくれて



あなたがいてくれることが
嬉しく思います

ありがと




                                       (今幸せであろうあなたに・・・    
 
                                                     風月 桜)






 なんとなくではないのですが、今日あったことを書いてみました。
時間のある方はどうぞです(苦笑)


笑顔がくれるもの…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | この感覚はノンフィクション(物語?) | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
感謝の気持ちをこめて
2006-08-29 Tue 23:45

ありがとう  その想いをこめて


ありがとうございます!!

今回はこの場を借りて、訪れてくださっている皆さんに心からの想いを伝えたい

いつも来てくださってる方ありがとうございます!!
ちょっとでも、初めてでも、覗いてくださった方ありがとうございます!!
そしてコメントまで残してくださってありがとうございます!!

私はとても嬉しいです。この頃なんだかもやもやしてて、その中で書いた記事に
色々なコメントをいただきました。

毎回のコメントは私を励ましてくれます。
今回もたくさんの方に励ましていただいてます。
私はあまり返せれてないのですが・・・でも、ありがとうございます

今後ともよろしくお願いいたします



さて、この続きに、思うことをそのまま詩(なのでしょうか

書いております。

お暇でしたら見てみてください

感謝の気持ちをこめて…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
仮面~情けなさの涙と・・・
2006-08-25 Fri 21:51

色々ありまして、更新が少し遅くなりました。


先に今回の内容についてお知らせを。

あまり見てもらうのにも抵抗があるような内容(暗めになっております)

なので、そういう系が苦手な方は素通りしてくださいね。すみません




ではでは。


↓からはじまります。(ここに載せておいてなんですが、読むときはお気をつけて・・・)?




仮面~情けなさの涙と・・・…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
朝起きたら・・・
2006-08-23 Wed 00:05

朝のまぶしい光り。
が差し込んでるのかな・・・?


もうそろそろ目覚まし時計が鳴るころ。


のはずだけど、鳴らない・・・?


「おはよ☆
そろそろ起きないと遅刻するぞ?」

(遅刻・・・?今日は・・・日曜のはず )


目覚ましの変わりに
君の声がする。


うーん・・・

いい匂い

「ほら、起きて?
朝ごはん作ったんだ。冷めちゃうよ?」


うーー



目を開けた。

「やっと、目開けたか♪」


君の顔が飛び込んできた。
イタズラ気な君の笑顔


その笑顔に弱いんだよなー、俺って。




そんな朝。







 


はい、いかがだったでしょ?(何が?!)
今回もまたバトンからちょっと作ってみました~。

さて、今回するバトンはー♪


異性になったつもりバトン♪です。
それではこの後にバトンしてま~す。


 


朝起きたら・・・…の続きを読む
別窓 | お題から | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
役に立ててる?
2006-08-22 Tue 02:54

疲れた君の顔
(僕の肩にもたれていいよ)


君が僕にもたれてきた。

うなされてる

そんな君に
僕は何もできない気がして・・・

それにちょっと君には僕の肩
自由が悪いんじゃないかな・・・
そんな風にさえ思った。

君の肌は柔らかいから
僕の肩は痛くない?


それでもいいのかな・・・?

いつでも僕の肩は
君がもたれてくるためにあるんだ。
無理しなくていいから。

だから

いつでも頼ってくれていいんだよ。

僕は受け止めたい。



 

別窓 | 恋歌 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
小さな天使を見つけた日
2006-08-17 Thu 23:53

白くて白くて
ほのかに色づいた
薄桃色のほっぺが印象的な
真っ白い小さな小さな可愛らしい天使。
ある場所で出逢った。


手が届くのに
私のものにはならなくて・・・
出会えたことが偶然じゃない気がした。

でも、手が届かないの。
実際に触れられるのに私の元には
舞い降りる場所がないのかな・・・



そんなの言い訳。
ほんとは私のもとに来てほしかった
可能性があったから
私は諦めたくなかった。

だから、例え無理なようなことであったとしても
少しの可能性があることを知っていたから
ある人に聞いてみた。


この天使は私のもとに来てくれますか?




小さな天使を見つけた日…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
視線・・・?
2006-08-15 Tue 23:34

今回のこの内容は、聞いた話など色々な話を元にわけのわからないものを組み合わせて
無理やり作ったという感じのになってます。
煮え切らないような内容にもなってますので、見てくださる場合はそのことも頭においてお願いいたします。
毎回すみません。はっきりしない内容で・・・。
では、以下から始まります~




ある喫茶店で友人と話してた。

ふと入ってきた人たち。
ちょうど私たちから見える位置にいる。



なんだろ・・・
何か視線を感じる。そう思って
ふとそっちを見た。


目があった のかな・・・。
こっちを見てた?
見てる・・・?
なぜ?

友人を見てるのかな?


視線・・・?…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
“自然”を感じる時
2006-08-14 Mon 20:49

目をつぶると思い出す
冷たい 水 その流れ
透き通って 下の岩まで見える
風が吹き 木々は 碧の葉はゆれる


木漏れ日が映える
そんな場所。


久しぶりに行きたくなったそんな場所。
でも
行けない。


だから、別の場所に行った。



雨が降ったから
行けないのだろうか  見えないのかな
そう思った。
でも


“自然”を感じる時…の続きを読む
別窓 | 叙景詩 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
謙虚って何かな・・・
2006-08-12 Sat 23:13

謙虚って何だろ。
ある晴れた日の午後、私は考えてた。


この日私は知り合いのお姉さんに会いました。
一緒に会いに行ってほしい子がいるんだ。」
そのような声をかけてもらったから。私でいいのなら行きますとも!

私が行ったとしてもそんなに目的果たせないかもでしたが。

でも、そういって話を持ってきてくれたことが嬉しかった。

忙しいのにごめんね、

とこのお姉さんに言われた。
まったく忙しくないのが現実である。

「何もすることがないんですよ~。だからかなり暇なんです」

って言ったが、そんなことないでしょ~、って私のことをかなり気にしてくれるお姉さん。
すごいなぁー、そこまで気遣えるのがステキだと思った。


面白くて、気さくな感じの方です。
遠いのにわざわざ迎えに来てくれたんです。

私の知り合いの先輩に似ていました。似てる雰囲気があるんです。

車の中でも話を色々してくださいました。
そして会う予定の子のところに行ったんです。

謙虚って何かな・・・…の続きを読む
別窓 | 物語のような。 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
胸に感じる恋のイタミ
2006-08-11 Fri 12:22


ちょっとした一言
ちょっとした仕草
眼差し


それだけで
私の心をとらえる
そんな一瞬


何気ないようなことでも
それだけで
心うたれる
そう、あなたに。



ずるい・・・
どうしてあなたは
私をここまでひきつけるの?


たまに見せる弱った心
そんなの見せられると
ほっとけないじゃない・・・
安らいでほしいの。
私だけの前で。
なんて言ったらわがままかな?


冷えたその手  その心に
ぬくもりを与えたい
感じて?
そっとあなたの手を取るから

そして私に向けてください


隠すことのない笑顔を。
そのままのあなたを。





 




 



さて、いかがでしょう。
バトンをいただいたのでそのことからちょっと考えてみました。


いただいたバトン、またこの詩を考えるきっかけともいえるバトンは、 胸キュンバトンです


ではでは、この後にバトンがあります~☆


胸に感じる恋のイタミ…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
ある月夜の晩に  あなたへ
2006-08-09 Wed 20:45


空に浮かぶ月を眺めて

今日も  あなたのことを想う

あの時からもう  ずっと
会ってないね。
毎日  学校で  あなたを一目見れた時は
それだけで
何でもできそうな気がした。
嫌なことがあっても
あなたは元気をくれた。
いつもあなたの姿を
探して、おっていたんだよ
気づいてた?

ふと
目があった。

ちょっと恥ずかしくて
でも嬉しい。

この時間は
あなたと私だけのものになった。



あなたに近づこうとした。
私はあなたにおいつきたかったから。


それは今も変わらない。



月の光が優しく包んでくれる。

あなたの  あの一途で優しい
黒い瞳に  包まれたい

ふと、そう思う。



今、何をしているの?
場所は違へど  同じ月を見てる?

そうだと良いな。


風が  少しのびた髪をゆらす。


風を感じ
月の光りはやわらぐ


あなたを想えば


そう。

優しくなれる
この月のように  風のように


この想いをあなたに伝えるべく


空を眺め

風に
月に


お願いするよ


どうか、この想いを

あなたの元へ、と。


 


別窓 | つむぐ詩 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
かけがえのない・・・
2006-08-08 Tue 20:56



初めて気づいた
こんな風に感じたことなんてない。

あなたの元を離れ
どんなにあの生活が幸せだったのか、と。
毎日温かく  愛情の詰まったご飯

「お帰り」

その一言。
それがどんなに幸せだったか・・・
あの時の私は気づいていなかった

あの生活で思っていたこととは

「なんでこんなにうるさいんだろう
  なんでもうちょっと和やかじゃないの?」


「私なんて居なくなった方が
            よかったんじゃないか」

「なんで私のことを理解してくれない。」

そんなこと。


かけがえのない日々、
大切な日だってあったのに

いや、毎日が大切だったんだよね?
どんなに口うるさくしても
それは私のことを思ってだったという事に
気づけていなかった。

今でも全て分かったわけじゃない

ごめん  ごめんなさい・・・

私は  ひどいことをした
いろんなことを抱えていた
そんなあなた、お母さんに。


何度もけんかし
泣かされ
泣かせてしまった。

泣かせてしまったんだ。


今思うと、あんなに細いお母さんを
私が守らなくて  誰が守る!
私がしっかりしなくて  誰が助ける!


あらためて気づく熱い想い


周りがぼやけてる
私の心もぼやけていた
思い浮かぶのは

ただただ  お母さんの
私に向けてくれた  温かい笑顔

うるさくても  愛情の詰まった口調
2人でしたティータイム  お話し



ぼやけているものが
やっとあけてきた。


気づいたこと
そのままにしちゃいけない
この想いを  大切だと気づけたことを
私が伝える!

少しでも  あなたを幸せにしたい

孝行するよ。

私が強くなって  絶対

あなたを


安心させるからね!


別窓 | つむぐ詩 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
あの人へ~上手く言葉にできないけど
2006-08-07 Mon 16:38

あなたはいつも
私を温かく迎え入れてくれる
いつも感謝の気持ちを忘れないあなた
私のことを受け止めて
いつも背中を押してくれる
気づいてくれる
ダメな時・・・くじけそうになった時
どんな時でも


考えることを教えてくれる


あの時も、この前も、そして今日も。
私はいつも
そんなあなたに頼ってばかり
力になりたくて
でも・・・
何の力もない。


頼ってばかりだ。
何かしたいの!あなたのために!
力になりたい!


もどかしくて、たまに辛い


そのままでは終わらせたくない。
だから  せめて
私にできることは・・・
頼るだけじゃなくて行動すること。


あなたに出逢えてよかった
あなたと話して、聞いて
色々なことを教えてもらった。
心。  人とは?
光りと影  内と外
そんな心。
気づいた
話してやっと気づく事だってある
話せれるって、対話できるって、
ステキなことなんだね


そして私ができるのは
その気持ち、この気持ち、
この想いを表すこと
伝えること。
あなたへ、そして周りの人へ


その想いで  言葉を発する
「ありがとう」  「大好き」


もっと自分を磨くよ
あなたに近づけるように。
決意をさせてくれる!あなたという存在が。
なんて言ったらいいのかな
やっぱなかなか言葉じゃ表現できないや
でも、いつもありがとう!
何もできなくても  これだけは言える。
総てはこれからだ。

別窓 | つむぐ詩 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
おでかけ
2006-08-06 Sun 23:45

久しぶりの風景
久しぶりの友人

変わっているようで変わっていない友人たち

一緒に話して
一緒に歩いて

あの時と変わらない
私のかけがえのない友人




話しながらいろんなお店にはいる
いろんな話をしながら、
好きな話をしながら、
デザインについて語りながらの
ショッピング。

楽しい

嬉しい


その笑顔が素敵


「似合うね」


そう言ったり


「可愛いねー」
「ねぇー、可愛い」


「可愛い、似合ってるねー」
って言ってもらったり。

会話。

今までのことを話したり。


ほんと楽しかったなぁ。

こんな機会ってないから
いっぱい楽しんだ。
こんな機会ってめったにないから
いっぱい話して
いっぱい笑った。


あまりあえないから、
今日
は特別な

おでかけ☆


単なる、じゃなくて
特別


そんな
今日の出来事。

また近いうちに
もう1回
(?)


とにかくまたあいたいな

またあおうね。
ぜったい


今日はありがと☆


 


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
この日を待ってたはずなんだけど
2006-08-05 Sat 16:54

楽しみなこと
少し不安なこと
いろんなことが重なり合う日

ちょうどよい緊張感なんて感じちゃって
ちょっとドキドキ。


楽しみなのに
時間が来るのが不安で
その時間が来て始まるのに。
その時間が来るのを望んでいない自分もいて・・・

だって。

もしも、

その時が来てしまえば・・・どうなってしまうのだろう。

不安

その時何が待ってるのだろう・・・

あることに対しては何かいやな予感。

もう一つのことに対しては
新たな出逢いがある予感。


さて、これよりは新たな扉を開ける時

立ち止まっても、周りは動いていくもの。

自分の中の  時  を
とめるのは簡単。

でもそうじゃないでしょ?


そのような声がどこからかも聞こえる気がするんだ。


せっかく動いてるこの  時  は



しかないから。


時間は止まってくれない。
時間が止まらないから
一瞬 一瞬が


大切でかけがえがないんだよね。



さて。
今日は何が起こるかな?
何をしよっかな。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
この青空の下で
2006-08-04 Fri 22:06

今何を見てる?
何をしてるかな。

同じ世界
つながってる空
でも、私が見てるこの空の色と
あなたが見てるその空の色


きっと違うんだよね?

どんな色かな?
去年と一緒の色なのかな・・・。

リスは見た?
朝は、夜は
寒くない?

ね、素敵なところだよね。
自然がきれいでしょ。
私はその土地がとても好きになった。


たったの3週間だったけど
未知な世界で 不安な時もあったけど
自分の語学力のなさに情けなくも感じたけど

素敵なであい
そこでしかであえないもの

大切なかけがえのない思い出ができた。

この青空の下で…の続きを読む
別窓 | とどかないかもしれないけど・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
久しぶりの帰省で・・・。
2006-08-03 Thu 23:46

なんとなく、詩にしてみようかと思ったのですが、かなり長くなりそうなので、断念しました。
ということで、文的に書いてみます。


久しぶりの風景
ひさっしぶりの家。
「ただいま~」
(実は昨日帰ってました)
今日で2日目。

昨日はなんだか落ち着かなかった。
懐かしく見慣れた風景を見たとき、
あまり変わってなくて、自然が残ってることが嬉しかった。

でも、なんだか胸はそわそわ。
なんだろ、この気持ち。
落ち着かないんですよ~。なんて自分の中で言ってみたり。

とにかく久しぶりに話した。いつもよりもいっぱい話した。


私が帰ると聞きつけ、久しぶりにあいに来てくれた人がいて・・・

久しぶりの帰省で・・・。…の続きを読む
別窓 | その日の出来事を文的に。 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ごめんなさい・・・
2006-08-03 Thu 16:05

伝えたいことがあるのに・・・


あの方に
あの人に
あの子に
あなたに


伝えたい。

どうしたら伝えられる?

言葉がある
手段なんていくらでもあるはずなのに・・・

体が動かない・・・

嫌われてる・・・そんな気がする
関わりたくないって思ってるのかな?
どうしたらいいの?
聞くことさえできない。

私があんなこと言ったから?

あなたのことを知らない私が
首を突っ込まなかったほうがよかったんだよね

ごめんなさい

ただ、私は・・・

やめとくよ。これ以上言えない
でも言ってしまう

よくわかんない。
伝えたいことがあるはずなのに
言葉が出なくて
言えなくて



そんな私がいや
無力。



ごめんなさい
何もできなくて
よけい困らしてしまって


ごめんなさい

別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
ふとした瞬間の花火
2006-08-02 Wed 15:46

夜を走るバス。
動く風景  その音。

窓からはどんな景色が見えるのかな?

私にはあまり見えない。
真ん中の席だから。


何もすることがなくて暇
毛布をかけて
足を伸ばし
少しキョロキョロ
目のやり場がないので  前を向くことにした


いつの間にか寝てた
(首が痛い・・・)


ふときづいて顔をあげる




今何時かな・・・?

そう思ってまた周りを見る


何か音がする(?)

なんだろ・・・


顔を左に向けた瞬間・・・


 


 

ふとした瞬間の花火…の続きを読む
別窓 | 叙景詩 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 月夜の風 ~扉-心の部屋 |

ブログ内検索

メールフォーム♪です

風月 桜への何か言葉とかいいたいことがあれば利用してみてくださいね☆ 名前とアドレスはお忘れにならないでくださいね。 お返事させていただきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。