スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
一つのきっかけ
2006-09-24 Sun 23:23

<はじめに>
このカテゴリ「2人の視点」はそのままの通り2人の視点、それぞれでの恋歌(になるのかなー?)そんな感じです。
空想です。なので表現が乏しくて申し訳ないです・・・・・・。


 




 






友人に
名前を呼ばれてそっちの方に向く

近くにいた男の人が
わたしの名前を聞いた瞬間
反応した・・・?



(わたしの名前珍しいのかな?)


そのまま友人と話す。

でも彼が気になって
ふと見た時
その人と目があった。

彼は視線をはずす。

はずした彼の横顔を見るわたし。
なぜかな、ちょっとだけ気になる。

なんだか不思議な出来事。
なんだか不思議なその一瞬。

その場から離れた。

目の前にはもう
彼の姿はない。
なのに、なんなんだろ、この気持ち。








ふと見た、一人の子が気になった。

目の前で話している女の子たち
一人の名前を聞いて
一瞬 どきっ てした。

別に珍しくもないかもしれない・・・
なのになぜかな。
その名前の子をもう一度見てみたいと思った。

そのまま話を続けるその子

その声が落ち着いていて心地好い
そんな気さえする。

ふと、その名前の子が気になって

その子を見てみる。


友人に向ける落ち着いた笑み。


ふと、彼女がこっちを見た。

視線が合う。

やばっ

視線・・・
はずしてしまった。

変に思われたかな・・・

しょうがないか。

きっとこの先俺にはもう
彼女とは出会えないかもしれないし。

あぁ、でもなんで気になるんだろ。


それでも・・・
ちょっとした可能性に
かけたくなってくるだろ。






なんと申してよいか・・・とりあえず、こんな内容でごめんなさい!!





スポンサーサイト
別窓 | 2人の視点 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 月夜の風 ~扉-心の部屋 |

ブログ内検索

メールフォーム♪です

風月 桜への何か言葉とかいいたいことがあれば利用してみてくださいね☆ 名前とアドレスはお忘れにならないでくださいね。 お返事させていただきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。