スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
夢見る少女
2006-09-13 Wed 00:00


いつも寝るときには決まって
まくらの横に本が置いてある

寝る前に
ちょっとだけ
時間を割いてよむの










おとぎの国
お姫さまはすてきな恋をする
そのお姫さまに自分をかさねて
あまい恋の時間を
夢に見る

今宵もきっと
さしだされるあたたかい
その手に
ためらいながらも手をかさね

はじまるであろう
物語に
音楽に
心ときめかせる

夢のなか







 












いかがだったでしょ。
ちょっと心をときめかせてはいかがですか?

と言うのは建前で、この後にバトンをしてます☆
しかもね、今回のバトンはメルヘンなんだよ。と言うことで、メルヘンな気分で
この詩を書いてみました。あぁ、やっぱメルヘン好きだなぁー、
ファンタジーが好きな風月 桜です。

さてさて、今回するバトンは~、 メルヘンバトン♪

と言うことでつづきからどうぞです☆


 


 

夢見る少女…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | その心はきっと ファンタジー  | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| 月夜の風 ~扉-心の部屋 |

ブログ内検索

メールフォーム♪です

風月 桜への何か言葉とかいいたいことがあれば利用してみてくださいね☆ 名前とアドレスはお忘れにならないでくださいね。 お返事させていただきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。